読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

この日記は私的なものであり所属会社の見解とは無関係です。 GitHub: takahashikzn

TortoiseSVN1.6とSVNKit1.2の共存

Subversion Eclipse

通常の開発においては、Subversionなどのバージョン管理ツールを使用して成果物を管理すると思います。
ソースコード然り、設計書然り、等々。
ソースコードの管理はEclipseSubversionクライアントで、設計書等の管理はWindowsのシェルに統合できるSubversionクライアント(要するにTortoiseSVNで行うのが一般的でしょう。


僕はSubversionクライアントとしてを以下のものを使用しています。

SuversiveとTortoiseSVNSubversionのバージョンが異なるので、ついうっかりSubversiveが管理しているディレクトリをTortoiseSVNで更新やコミット等を実行してしまうと、それ以降もはやSubversiveでは操作できなくなってしまいます。


この問題を回避するには、最新のSVNKit1.3(Subversion1.6ベース)をインストールすればよいのですが、
とりあえず直ぐに復旧したいときは、当該ディレクトリの.svn/entriesファイルを一か所だけ直接編集すればよいです。


entries (修正前)

10

dir
1234
svn://repsrv/a/b/c
svn://repsrv


entries (修正後)

9  ← ここの値を9にする

dir
1234
svn://repsrv/a/b/c
svn://repsrv