この日記は私的なものであり所属会社の見解とは無関係です。 GitHub: takahashikzn

Apache FtpServer


(写真には入ってませんがX300も同時に使ってます)


僕は普段、ThinkPadX300(Windows Vista)とThinkPad600X(CentOS5)を愛用しているのですが、
それぞれのThinkPad間でのデータの受け渡しは、WinSCPを使っています。



さて本日、他のマシンからThinkPad600Xにファイルををアップロードしたくなったので、
vsftpdをインストールして設定してみたのですが、どうしてもAnonymousユーザではファイルアップロードができず。
ググッてみたところ、なにやらSELinuxとの相性が悪いとかなんとか…
SELinuxと聞くと、サクっと諦めてしまう僕です。だってよくわからないんだもん。


じゃあどうしよう、というところで探し当てたのがコレ、Apache FtpServer


慣れ親しんだ100%Pure Java。万一ちゃんと動かなくても、
ソースを強引に書き換えて動かせばいいや、ということでダウンロードして起動してみたところ、
そんなことしなくても、アッサリAnonymousユーザでのファイルアップロードができるようになりました。


やったことは2つだけ。

(1) サイトからダウンロードしたftpserver-XXX.zipを展開するとできる、"res/conf/user.properties"の以下の項目を修正。

ftpserver.user.anonymous.userpassword=anonymous ←もとは空欄

...

ftpserver.user.anonymous.writepermission=true ←もとはfalse

(2) 設定ファイルを指定してサーバを起動。

bin/ftpd.sh res/conf/ftpd-typical.xml


たったこれだけです。デフォルトのポートが2121なことにだけ注意すれば、あとはフツーのFTPサーバとして使えます。


なんというお手軽さ。スバラシイ。