読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

この日記は私的なものであり所属会社の見解とは無関係です。 GitHub: takahashikzn

ぽん多@上野

グルメ気取り

ぽん多本家

食べログぽん多本家


先日、早めの晩御飯を食べようと御徒町をうろついていたのですが、

ふと「そうだ、先日食べログでとんかつランキング上位だった"ぽん多"に行ってみよう」と
思ったので行きました。


…なんですが、お店が見つかりません。


住所はあっているはずなんだけど、目の前にあるのは、
中がよく分からない、ドアだけのお店。

しかもこのお店、どう見てもトンカツ屋には見えません。
ちょっとお高そうな料理屋といった風体。


「まさかこれじゃないよなぁ」

と思い、付近を見渡してみたものの、他に該当する店舗はなし。
看板をよ〜く見てみると、ぽん…多って書いてあるのか?


というわけで意を決して入店。

当然ながら


カツレツをオーダー。
カツレツ単品+ごはんセットで3,150円でした。


謎なことに、オーダーしたらお茶とスポーツ新聞を持ってくれました。

なぜ、こんな格式高そうな店でスポーツ新聞?と少し戸惑いましたが。

ああ、要するに「作るのに少々お時間を頂きますよ」ってことね。



で、多分15分くらい待ったのかな。きましたよ。



アップはコチラ。色がキレイですね。


感想

ポークの旨味を100%生かす事だけに特化した、とてもプレーンなカツレツです。


衣も、キャベツも。ソースさえも。
ポーク肉を食べる邪魔にならないように、とあくまで脇役に徹するように調整されています。


舌に迫ってくるのは、あくまでもポークの味だけ。
まるでポークステーキを食べているような錯覚に陥ります。


そうなってくると、当然ながら勝負どころは素材の品質。
ココは確かに、良いヒレ肉を使っているようです。


良い素材から生み出される、上品・繊細な料理を食べることに慣れているグルメの方なら、
この品に高い評価を下すことでしょう。


その一方で、いわゆる安っぽいトンカツ(例:バラカツとか)を食べ慣れている、
僕を含めた一般庶民からすると、少々パンチ力に欠ける味わいだと感じるのかもしれません。

まあ何だかんだ言っても

美味しいカツレツであることに変わりはありません。


お店は落ち着いていて高級な雰囲気です。
接待や少々固い場(お客様と一緒にランチ、など)ではとても使えるお店だと思います。


こんどは両親でも連れてこようかな、と思わせてくれるお店でした。まる。