読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

この日記は私的なものであり所属会社の見解とは無関係です。 GitHub: takahashikzn

Emacs+

僕は昔、GNU Emacsユーザーだった。


Emacsってのは依存性のある薬物みたいなもので、
一度Emacsを使い出すと、間違いなくみんなこうなるんだけど、
「何でもかんでもEmacsでやらないと気が済まなくなる」。


コードエディットはもちろんのこと、
メールの読み書き(僕はWanderlustを使ってた)やWebブラウジング(w3m)までEmacsでやってた。

当時、.emacs.el(Emacsの設定ファイル)の長さは2,000行を超えてたハズ。
仕事そっちのけで.emacs.elのカスタマイズばかりやってた(笑)


しかし最近はプロジェクト内での立ち位置が変わったことから、
他のみんなと同じ環境で開発を行うことが多くなり、自然とEmacsは使わなくなったという感じ。


コードエディットどころか、最近はメールもGMailのWebクライアントしか使ってないし、
WebブラウジングもChromeの快適さを知ってしまうと今更テキストブラウザには戻れない。


まあ要するに「軟弱者」になっちまった、というわけ。

EclipseEmacsモードは使えない。マジで。

ただ、いくらEmcas自体を使わなくなったとは言え、
一度その味を知ってしまった僕のこの指は、Emacs以外のキーバインドを受け付けないのであった。


で、もともとEclipseにはEmacsモードエミュレーションがついている。
でもこれ、結局はいくつかのキーバインドをエミュレーションするだけ。

当然キーマクロはないし、ツースロトークキーもない。
要するに、一度首までドップリEmacsに浸かった人からすると
「中途半端すぎて全く使えない」。


だからXKeymacsとか窓使いの憂鬱とかを入れて、どうにか耐え忍ぶしか無かった。
これまでは。


しかし…今日、こんなものを見つけてしまった。

Emacs+ Eclipse Plugin


このEmacs+、どうやら相当Emacsエミュレーション度が高いらしい。
M-xまで実装している模様。これは俄然、期待が高まる。

インストールしてみて

まず、僕がEmacsで重宝していたパラグラフ移動(前/次の文へ移動)があることが判明。

これまでは [Ctrl+P] とか [Ctrl+N] とかでチマチマ移動するしかなかったのだが、これでサクサクカーソル移動出来るようになる。

そして…もちろん待望のアレも

キーボードマクロがある!!


いやー素晴らしい。 [Ctrl-X E] で実行したあとで、[Z]で繰り返しマクロ実行が出来ないのは玉にキズだが、ワガママは言わん。


Emacserならこれは使うべき。絶対に。

スバラシイ。なんでもっと早く知らなかったのだ。人生損してた。完全に。

よーしパパPaypalで寄付しちゃうぞー。