読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

この日記は私的なものであり所属会社の見解とは無関係です。 GitHub: takahashikzn

バルバッコア・クラシコ

昨日は会社の飲み会でココへ行きました。


ブラジルスタイルのステーキが楽しめるお店です。
さすが新丸ビルに入ってるだけあって、それなりにスタイリッシュな感じでデートにも使えそう。

とある一種の食べ放題

ココは実質、食べ放題のお店です。

サラダバーが中央にドーンとありまして、ステーキは自分のテーブルへ直接サーブされるというシステム。


勝手がよくわからないので、とりあえずサラダを適当に盛ってテーブルで食べていたら、すぐにステーキが来ました。
でっかい串にさした肉をもった兄ちゃんが「ステーキドウデスカー」とやってくるのです。

で、「くれ!」といったら皿に盛ってくれるという。

ステーキはオイシイ。しかし。。。

ステーキはとてもジューシーで美味しいです。
牛のあらゆる部位(内臓系除く)のステーキが代わる代わるやってきます。10分おきくらいに。
だから、食べるペースを調整しないとすぐに満腹になってしまいます。


最初は「うめーうめー」と言いながら、来るもの全部食べていたのですが、
30分ほど経過した時点で「ヤヴァイ…お腹いっぱいになりそう」という羽目に。


そういう時は、テーブルに置いてあるコインを裏返すと
ニーちゃんがやってこなくなるというシステムです。へー。

そして1時間経過後

「もう食えない。ムリムリ。」
となりました。確かにオイシイんですけど、全てのステーキが「濃い塩味」なんで飽きちゃうんですよね。


このお店で美味しくたくさん食べる秘訣は、

  • 常に「半分だけください」とニーちゃんへ伝える
  • ステーキソースをフル活用すべし(ビネガーソースが特にオススメ!)

だと悟りました。まあその時はもう手遅れだったんですけど。

総評

面白いしオイシイけど、暫くステーキを食べたくなくなるという副作用がもれなく付いてきます。


大食い男子の集団で押しかけると結構楽しく過ごせるお店かな。と思いました。
草食男子の諸君!君等はおよびでないのだ!(※僕も含む)