この日記は私的なものであり所属会社の見解とは無関係です。 GitHub: takahashikzn

「ACLが見つかりましたが、予期していたものではありませんでした」を解消する

f:id:takahashikzn:20140926190844p:plain

ディスクユーティリティの「アクセス権の修復」を実行すると、こういう画面になることがあります。
で、「修復しました」とログがでるのに、何度やっても同じメッセージが出続ける。


いい加減ウザいので解決策を探した所、これを使えば良いらしい。


http://github.com/fletom/ACLr8


これはPythonで書かれた簡単なスクリプトで、何をしているかというと

  1. diskutil verifyPermission / を実行する
  2. ACLが見つかりましたが〜」のメッセージが出たら、その指しているファイルに対して chmod -h -N [file] を実行する

だけです。僕の環境で試した限りでは、ウザいメッセージが全部消えました。

要root権限

このスクリプトを実行するにはroot権限が必要です。


『root権限でよくわからんスクリプトを実行させるのは怖い!フザくんな!』なアナタは、どうぞソースコードを確認してみることをオススメします。すぐ読めますよ。