読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

この日記は私的なものであり所属会社の見解とは無関係です。 GitHub: takahashikzn

てんくう

今日のランチはてんくう


(画像はこちらのものをお借りしています)


塩チャーシューをオーダーすると15分ほとで出てきた。


スープを一口飲んで思ったのは、雑味が一切感じられないこと。ピュアな味わい。

蕎麦で言うと「薬味を一切入れず、そのままで食べる」という感じかな。

純粋さを指向するということ

ここのラーメンを一言で表すと、『特徴が一切ないことが特徴』だと思う。


安易に『無理やり特徴を持たせる』方向には走らず、
基本となる『ラーメンそのもの』のレベルを高めていこう。極めていこう。という心意気を感じた。


小手先のテクニックばかり練習するではなく、
筋トレとか、地味ではあるものの重要な、基礎練習を最重要視しているアスリート、というか。


癖のあるラーメンであればあるほど、好き嫌いがハッキリ分かれるもの。
だから逆に、ここのラーメンをキライになる人は一人もいないんじゃないだろうか、と思う。


店主の方の接客もハートフル(表情を見れば一目瞭然だ)で、
気持ちよく席を立つことができた。

総評

ココは良店。

これから頻繁に通うことになると思う。