読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

この日記は私的なものであり所属会社の見解とは無関係です。 GitHub: takahashikzn

"No supported authentication methods available"→SELinuxの設定を確認

SSHで"No supported authentication methods available"と表示される理由は様々ですが、よくあるオチはパーミッションの設定が間違っていることです。


例えばこちらで解説されているように、
http://blog.livedoor.jp/mochikoastech/archives/4721276.html

authorized_keysのパーミッションは、600のように「オーナーのみにwの権限がついてて、他の人が書き込めない状態」じゃないとログインできない。公開鍵を自分以外のユーザがへいほい追加できるような状態は不安全なので当然と言えば当然。

みたいな話。


ところが、一見したところパーミッションの設定が正しいのにまだ接続できない場合、SELinuxの設定に問題がある可能性があります。


つまり、

ls -Z /home/foo/.ssh/authorized_keys

を実行した時に、

-rw-r--r--. foo foo unconfined_u:object_r:ssh_home_t:s0 authorized_keys

という表示にならない場合、ラベルを上記の通り修正するか、SELinuxをOFFにする必要があります。