この日記は私的なものであり所属会社の見解とは無関係です。 GitHub: takahashikzn

明けました。

結局なにもできず、完全に寝正月となったタカハシです。こんにちは。
明日から仕事です。働きたくないでござる!


正月早々ネット界隈を賑わせているバードカフェおせち問題。
そのクーポンを販売したのが、みなさんご存知のグルーポンなわけですが、
グルーポンについては、ここ数カ月の間で、きな臭い話をしばしば耳にするようになりました。


その問題点を端的に表しているのがここのブログ(のキャッシュ)


(一部を引用させていただきました)

元値と言われる値段を
現在の商品価格の倍にして

半額にしたことにして
販売することに対する

良心の痛み
というか
不正な感じ

が一番大きく引っかかることだった

さらに言えば
グルーポンサイドとしては

さらに
通常の販売価格より安くしてほしいという
つまり
5000円で通常販売している商品の定価を10000円にして
それをさらに4500円で売らせてほしいという

まあ、合理的に考えて『そりゃ、そうだろうなぁ』というコトだとは言え、
どうなんでしょうねコレ。


グルーポンの本来の趣旨はたぶん、

  • 『ワケあり品』を安くさばくための手段
  • 予め集客数を見込むことによるスケールメリット(良い食材を安く仕入れられるなど)

だったりしたのでしょうが、少なくとも日本法人においては、異なる思想により運用されているように思えてなりません。


1、2年前から流行りの携帯ゲーム系SNSがやっているビジネスと同じ、『違和感』を感じます。個人的には。


ちなみに上記のブログですが、当該記事は既に削除されているようです。
自分で削除したのか。。。それとも?